地域紹介:ひたちなか(茨城県)〜地域の人や自然との交流と、そこから生まれる偶然の瞬間を味わう〜

画像提供者:榎本拓也氏

ワーケーションは、様々な地域が、受け入れ側としてチャレンジをしています。今回は、ひたちなか(茨城県)のワーケーションについて、公認ワーケーションコンシェルジュ榎本拓也氏にご紹介いただきます。

■ひたちなかについて

■あなたにとってのワーケーションとは?

仕事が快適にでき生産性を上げる事、地域での様々プログラム参加して交流、コミニュケーションを大切にする事。

■あなたのエリアの、他の地域に負けない魅力を教えてください

舞台は夏の観光シーズンを終え落ち着いた海辺の街。仕事に集中するかたわら、地域の人や自然との交流と、そこから生まれる偶然の瞬間を味わいながら、海辺のワーケーションをお過ごしください。きっとリピーターになりたくなると思います。

■ワーケーションに来るなら、行って欲しいあなたのエリアのホットスポット

ひたち海浜公園、那珂湊おさかな市場、大洗水族館

■上記で答えたイチオシのスポットの説明をお願いします。

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも選ばれた、茨城県を代表する超絶景が、国営ひたち海浜公園の4月~5月に満開になるネモフィラです。青い空、青い海、そして550万株のネモフィラが最高です。この近くの阿字ヶ浦海岸がワーケーションの舞台になります!

■ひたちなかの写真

■AJIKATIONについて

■ひたちなかには、LivingAnywhere Commonsの人気拠点もあります

■このエリアの紹介者は…

榎本拓也氏(公認ワーケーションコンシェルジュ)

中小企業・大企業のITコンサルの事業に従事、特にリモートワークがスタンダートになりゆく企業に対し、地域でホストとしてきちんと受け入れられるようなワークプレイス、通信環境整備し、ワーケーションプログラムを開発。茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町で、ワーケーションプログラム「Ajikation」の実行委員会マネージャーを務めている。株式会社RTプランニング代表取締役、一般社団法人茨城先進産業支援協会理事長等。