公認コンシェルジュ(実践者)星昌宏のワーケーション

画像提供者:星昌宏氏

ワーケーションは様々な方が、様々な視点で実際に自らもライフスタイル・ワークスタイルの一環で自然に取り組んでいます。今回は、公認ワーケーションコンシェルジュ(実践者)星昌宏氏にとってのワーケーションを聞いてみました。(星氏はプロキャンパーとして、アウトドアワーケーションを北海道で実践しています)

■あなたにとってのワーケーションとは?

仕事が遊びで遊びが仕事のプロキャンパーなので、ライフスタイルそのものです。

■今までで一番良かったワーケーション先を教えてください

イコロの森(北海道苫小牧市)

■上記の理由を教えてください

森を活かした自然学校や焚き火、BBQ、サウナなどコンテンツが充実しているものの、夜は本当に静かで集中して滞在できる。

■日本ワーケーション協会を通して、実現していきたいこと

日本のアウトドアワーケーションの取り組み方を様々な地域と連携して、地域を活性化させたい。そのためには、大手ではできない細やかなベンチャーマインドでチャレンジできる土壌をつくっていきたい。

■星昌宏氏のアウトドアワーケーション風景

星 昌宏 氏(公認ワーケーションコンシェルジュ)

プロキャンパー、アウトドアプロデューサー、北海道オートキャンプ協会理事。キャンプを主軸としたアウトドアコンテンツを北海道から世界へ発信している。上場企業の北海道統括などビジネス領域での知見を活かし、地域×アウトドア×ビジネスの事業展開などは多岐にわたる。アウトドアを活用した地域のワーケーションを推進する、北海道唯一の「プロキャンパー」。メディア出演歴として、FM北海道AIR-G’「Sound Camping」パーソナリティ、マイナビニュース「見栄を張らないキャンプの楽しみ方」連載、大泉洋出演「おにぎりあたためますか かっこいいパパになりたい」等。