公認ワーケーションコンシェルジュ

一般社団法人日本ワーケーション協会では、ビジョンとして掲げる、リモートワークやワーケーションの先にある5年後、10年後の新たなワーク&ライフスタイルに向けて、新たに日本ワーケーション協会公認「ワーケーションコンシェルジュ制度」を策定しました。

公認ワーケーションコンシェルジュ制度とは?

ワーケーションコンシェルジュ制度は、ワーケーション普及ならびに、リモートワークやワーケーションを次世代のワーク&ライフスタイルへの定着を目指す、一般社団法人日本ワーケーション協会が認定する制度です。

全国各地で活躍する、ワーケーション及びそれに付帯するコンテンツ事業の実施者の中から、企業や団体、自治体帯などに向けてその知見を活用し、ワーケーションの拡大に協力してもらいたい人を認定します。尚、任命は理事、顧問または会員の推薦を得て、協会の審査委員会で実績、人物像等を審査し、最終決定致します。

ジャンルは3つを取り上げ、ワーケーションの専門家(①ワーケーション実施者・②地域の魅力を訴求できる者・③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者)として、協会より会員その他からのワーケーションに関する相談に対応できる人を認定します。

今後、日本ワーケーション協会では、公認するワーケーションコンシェルジュを増やし、各地でワーケーションへの取り組みや連携を強化していくほか、特に「②地域の魅力を訴求できる者」に関しては、育成プログラムの設立を目指し、ワーケーションを通した地域活性化の一役を担う人財を育成します。

公認ワーケーションコンシェルジュ 一覧

①ワーケーション実施者

・ワーケーションを実践する個人や企業のうち、当協会にて「実践者としての意見を出せる」条件に相応しい人材を認定。主に実践者としての意見をもらう事ができる。

②地域の魅力を訴求できる者

・地域の人脈や魅力の情報を有しており、イベント企画や案内、コーディネートなどの対応が可能な人物。主に地域の魅力、活動、ワーケーションのポイントを発信できる。

③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者

・ワーケーションに関する事業を実施しており、その事業が独自のものであると認められる人物。事業展開について、相談する事ができる。

公認ワーケーションコンシェルジュの実績

(1期より)

・講演活動
・メディア取材の増加
・コンシェルジュ同士の意見交換
・取材を通して自ら記事執筆、掲載
・企業や自治体からの指名でのワーケーションに関する相談
・新規事業のリリース発表
・コンシェルジュの肩書きを用いての営業活動の影響力向上

なお、現在公認ワーケーションコンシェルジュの新規募集は行っておりません。

ワーケーションコンシェルジュに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームより送信ください。(制度に関すること、取材、個人へのご相談なども承ります)

サイト内リンク

ワーケーションコンシェルジュとは?(本ページ)

①ワーケーション実践者

②地域の魅力を訴求できる者

③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者

お問い合わせ