③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者

③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者は、ワーケーションに関する事業を実施しており、その事業が独自のものであると認められる人物を任命します。事業展開について、さまざまな相談をする事が可能となります。

公認ワーケーションコンシェルジュ(③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者)一覧

竹内 義晴 氏(新潟)(1期:2021年5月11日~)
~ラーニング型ワーケーション~(②地域の魅力を訴求できる者と兼任)

新潟県妙高市出身・在住。自動車会社に勤務したのちUターン。プログラマー・システムエンジニアを経て、現在はNPO法人しごとのみらいで職場改善や人材育成の研修・講演などを行いながら、東京のIT企業サイボウズ(株)でも働く複業家。「二拠点ワーク」「複業」「テレワーク」などこれからの働き方を実践している。2020年6月から(一社)妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会にワーケーションコーディネーターとして参画。妙高市のワーケーション事業開発を行っている。

山岡 健人 氏(愛媛県・兵庫県)(1期:2021年5月11日~)
~地域課題解決型~

早稲田大学卒業後、IT業界を中心にキャリアを積み、アクセンチュア㈱では日本最大規模のJV立ち上げ等のコンサルティング業務を担当。その後2018年より㈱アドリブワークスを創業し、当時まだ国内では認知のなかったワーケーションをテーマとして”新しい働き方”による地方創生を掲げている。起業・副業を誰の身にも身近にすることで地域と世界を結ぶオンラインコミュニティ『triven(トリブン)』を運営。 

児玉 真悠子 氏(東京都)(1期:2021年5月11日~)
~親子ワーケーション~

ワーケーション・プランナー/編集者&ライター。慶應義塾大学文学部卒業後、複数の出版社で書籍編集に従事。フリーランスを経て、2021年に株式会社ソトエを創業。「親子deワーケーション」や「まちの編集」を展開する。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリパラ編集部」&地方創生チーム所属。2児の母。

千葉 憲子 氏(東京都)(2期:2021年8月4日~)
〜ワーカー個人及びワーケーション導入企業向け〜

株式会社ガイアックス社長室長 兼 Otell事業責任者。ITシステムの営業と営業企画を経て、2018年 よりガイアックスに転職。秘書室、社内外が交わる仕組みづくりなどの仕事を行う。また新規事業部でワーケーション関連の事業「Otell」を立ち上げ中。ガイアックスは働き方が自由な会社でもあり、リモートワークや複業も推奨されているため、地元である長野とのゆるい二拠点生活を実践。2020年5月より長野県塩尻市の特任CCO(Chief Communication Officer)を務める。

今村 茜 氏(東京都)(2期:2021年8月4日~)
~親子ワーケーション~(①ワーケーション実践者と兼任)

毎日みらい創造ラボ・毎日新聞記者。2006年毎日新聞社入社、経済部などで働き方の取材を進める。子連れワーケーションのルポ記事執筆を機に、新しい働き方を模索する新規事業「Next Style Lab」を社内で発足。2020年4月からは記者を兼務しながら、オープンイノベーションを推進する「毎日みらい創造ラボ」で事業展開。「#働くを考える」イベントを毎月開催しながら、親子ワーケーションの受け皿拡大を目指し活動中。公開FBグループ「親子ワーケーション部」参加者募集中。Google News Initiative Newsroom Leadership Program 2019-2020 フェロー。3児の母。

福田 和博 氏(神奈川県)(2期:2021年8月4日~)
~コンサルティング~(①ワーケーション実践者と兼任)

神奈川ワーケーションNavi編集長/東北大学大学院修了後、ソニー株式会社で商品企画や事業戦略を担当。趣味のスキューバダイビングで沖縄や海外でのワーケーションを実践する中で、株式会社ラ・ギターラを起業。「徹底的に利用者目線」で「本当に役立つ」情報を発信するワーケーション専門Webメディアを運営しつつ、ワーケーションやリモートワークに関するメディア運営受託や、ワーケーター目線でのコンサルティング事業を展開。

田村 英彦 氏(長野)(2期:2021年8月4日~)
~関係人口化ワーケーション~(②地域の魅力を訴求できる者と兼任)

株式会社ふろしきや代表。まち・ひと・しごとの未来をまとめ上げる専門家として活動し、地域の未来づくりや社会課題解決を目的としたプロジェクトづくりに邁進中。現在、長野県千曲市でワーケーションまちづくり事業を多くの人の協力の上で推進。ワーケーションを通した豊かな働き方を知ってもらうため体験イベントを数多く実施し、そのノウハウも「ワーケーション実験ノート」として協力者とともに公開中。自身も元幼稚園バスを改造した移動オフィスで常に自然を感じるノマドワークスタイルを実践している。

サイト内リンク

ワーケーションコンシェルジュとは?

①ワーケーション実践者

②地域の魅力を訴求できる者

③ワーケーションに関する専門知識・技術を有する者(本ページ)

お問い合わせ